11月30日放送の第8話のみんなの感想(ネタバレ)

ネタバレありの感想まとめ

ずっとイライラしていた小池徹平さん演じる公平と見事に戦い、勝つことができてよかったです。なおさんが車に乗せられ、睡眠薬入りの飲み物を飲まされたときは本当に終わりだと思いましたが、なおさんも公平の異常さに気づいていたのだなあと思いました。公平はこれまでなおさんをどうしても手に入れたいとちょっかいを出してきたのですが、自分以外の人が幸せになるのが許せないという寂しい人間でした。そんな公平が最後に見せた素直さは胸が苦しかったです。また、なおの母親と医者の恋もすごく楽しみで、幸せになって欲しいと思いました。20代 女性

松尾公平が怖すぎました。今までもずっと怖い役でした、今回は本当にゾッとしてしまいました。結果、尚は何もなかったのですが、今までで1番怖い内容でした。尚と真司は、雨降って地固まるような感じで、離れることなくお互いが必要であることを認識できて良かったなと思いました。注目は、尚とお母さんと井原先生の関係性です。どんどん二人の関係性に目が離せなく、見ている私もドキドキしながら見ていました。20代 女性

どんどん本性を現して、怖くなっていく公平が、尚と真司の関係を壊してしまうんではないかと先週からハラハラしていたのですが、今週は、ちゃんと尚が、公平との関係に終わりを告げ、尚と真司に平和が訪れたので安心しました。公平の最後の表情は少しさみしそうで、心が痛んだのですが、それよりもやはり安心しました。ただ、尚の症状はとても進んでいるときもあれば層でもないときもあるようなので、最終回までにどうなるのか、ドキドキしながら見ています。30代 女性

切なく、苦しい回でしたが、さらに2人の絆が深まったような気がしました。小池徹平演じる、アルツハイマーの男性が、あまりに恐ろしく、何を企んでいるのかとヒヤヒヤしました。真司は、尚に1番に本のタイトルを相談したのに、それを忘れてしまう尚が切なく、誰も悪くないだけに、苦しくなりました。どんどんアルツハイマーが進行しているように感じ、辛さが毎週増してきます。それでも、お互いを信頼し、大切に想い合う2人をさらに応援したくなりました。40代 女性

だんだんとナオの病気が進行していくのを、シンジはショックを受けながらもそれを表に出さずけなげに支える姿が切ないです。
今回はとにかく小池徹平演じる松尾がストーカーみたいになっていて怖すぎて、ドキドキしました。
特に睡眠薬を準備し飲み物に混ぜて飲ませようとしたところはヒヤッとしました。
奥さんに逃げられて彼なりにさみしさを感じているのを考えると、こういう形でしかナオに接することができない松尾もかわいそうな人だなとも思いました。30代 女性

妊活のシーンがリアルすぎるので、もっと綺麗に表現してほしかったです。尚の母と尚の元婚約者である先生の恋愛はちょっと無理があると思ってしまいます。小池徹平が演じる松尾がいなくなって本当にホッとしました。次回からは安心して見ることができます。キャラが強烈すぎるので同情する気持ちが湧くことは全くありませんでした。妊娠に対する葛藤などをもっと丁寧に描いてほしかったです。30代 女性

大恋愛〜僕を忘れる君と~に関するおすすめ記事など

第8話のネタバレや感想のまとめ・・・大恋愛~の6話のみのみんなの感想がまとまっています!
大恋愛〜僕を忘れる君と~の第1話からのあらすじやネタバレのまとめ・・・公式サイトの次に詳しくい番組データが詳しく掲載されています。